高円寺徒歩3分のひまわり歯科なら夜8時まで診療

マスク

2013.2.19

皆様 こんにちわ。

 

初めまして、事務局の加茂谷といいます。

 

私は仕事上、立靖会の各医院に回っているのですが

まだまだ風邪が流行っている時期ですので、移動時はマスクを必ずつけます。

 

もちろん、マスクを付けることで風邪やインフルエンザの予防効果を期待してのことですが、

しかし、使い方を間違うと「カット率0%」

マスクをつけていないのと同じだってこと、知っていましたか!?

 

私もびっくり。

 

実は、マスクそのものがダメなのではなく、使い方の問題だそうですね。

カット率を大幅に上げるためには顔とマスクが「フィット」しているかが重要!

注意するポイントとして・・・

①はな ②ほほ ③あご

ワイヤー入りのマスクなら、鼻の形にあわせて山折り谷折りしてピッタリに!

 

プリーツ式のマスクは隙間ができないちょうど良い位置にしましょう!

 

あとは、自分の顔に合った大きさ・形のマスクを選びましょう!

こうしたポイントに注意するだけで、カット率が大幅に改善するそうです。

 

マスクは「自分の顔にぴったりさせる」ことが大切ですね。

 

「パシャ」

ん~、こんな感じでしょうか(笑)

加茂谷