痛みの少ない治療

HOME > 治療メニュー > 痛みの少ない治療

当院では、なるべく痛くない治療を実現させるためのさまざまな工夫を行っています。

表面麻酔と自動注入器

  • シンジカイン
    ▲表面麻酔
  • オラスター
    ▲自動麻酔注入器
  • 注射
    ▲一番細い麻酔針を使用

最初の針の「チクッ」とした刺激を軽減させるために、注射の前に、歯ぐきの表面に麻酔ジェルを塗り、表面麻酔をします。その後、一番細い数値の針を使用した「電動麻酔注入器」により、麻酔液を一定の速さでゆっくり注入していきます。

人間の手の注射は、どうしても力の加減圧と麻酔液の注入量が一定でないためです。

これにより、昔の歯医者さんに比べると、治療時の痛みは確実に進歩しています。なるべく痛くない歯科治療をお望みなら、これらの設備がある歯科医院で治療をお受けになられるのがよいでしょう。

*しかし、それでもやっぱり歯科医師の痛くなくするコツや技術は大切です。

レーザー治療

照射
▲レーザー

歯科におけるレーザー治療は、無痛治療の一つとして数えられています。
レーザー自体に麻酔効果があり、傷口の治癒も、通常のメスと比べて、促進されます。

レーザー治療についてはこちらをご覧ください。

以上、なるべく痛まないような工夫を施していますが、完全に痛まないわけではありません。
特に痛みの苦手な方は、事前にお申し出ください。