こんなことでお困りですか?

黄ばんだ歯を白くしたい

考えられる主な原因

ステインなどによる着色(コーヒー、お茶、ワイン、タバコ等)
加齢による着色
初期の虫歯による着色

治療法

PMTC(歯のクリーニング)

日ごろの歯のお手入れでどれくらい歯の汚れが取れているかご存知ですか?
歯磨きでは50%、デンタルフロス(糸ようじ)を使っても80%しかとれないというデータがあります。
ご自身ではどうしても磨きづらい箇所や、磨き方の癖等で、磨き残しが残ってしまいます。磨き残した歯垢(しこう)は、しばらくすると歯石になり、歯周病原因菌の住み家となってしまいます。
現在、日本人の虫歯人口は徐々に減っています。
ですが、増加傾向にあるのが、歯周病なのです。
末期になると歯を支える骨を溶かし、歯がぬけ落ちてしまう、大変怖い病気(感染症)です。
ヘアサロン、エステサロンに通うように、歯の定期検診も継続的に行っていれば、将来的にいつまでも健康な歯を保て、全く歯科に行かずに治療だけする人よりも、かえって治療費は安く済むと言われています。

当院がおススメしている「美歯スパ」とは?

ペリクルとは、歯の表面を守る唾液由来の膜です。
ペリクルは、歯ブラシでは取れず時間が経つとバイ菌が繁殖します。
歯石がついたり着色したりするので、定期的にとってあげることで、歯の本来の美しさを取り戻すことができます。

歯石除去(SRP)

「歯石取りは痛い」
そう思われている方も多いのでは?
昔はスケーラー(写真参考)での歯石取りだけでしたが、今は超音波スケーラーもありますのでそれほど痛くはありません。
お痛みを感じる場合は、麻酔をかけるのでご安心ください。
ちなみに、どちらの処置も歯は削れませんのでご安心下さい。
「歯石取りで血だらけになったことがある」
血が出るのは、歯ぐきに傷がついたのではなく、歯ぐきに炎症が起きているからなのです。
炎症のない場合は、出血しません。
まずは原因である歯石を取りましょう、そうすると出血もしなくなります。

虫歯治療

色が変わったくらいの小さなの虫歯なら、治療も簡単に済みます。
早めの治療なので、痛みもなく、時間もかかりません。

ホワイトニング

厚生労働省が認可している薬剤をつけて歯を白くすることを「ホワイトニング」といいます。
ホワイトニングについて院長が語っているインタビューがございますので、併せてご覧ください。

▶︎ 院長インタビュー

ホワイトニングには2種類あります

Aホームホワイトニング
(マウスピースを用いて自宅で行う)
短期間で安全に効果的にホワイトニングできます。
このシステムは、日本で初めて厚生労働省の認可を受けたシステムです。
1日2時間を2週間続けることで、輝く白い歯になります。

ホームホワイトニングの流れ

ホワイトニングについての説明
マウスピース作製のための型取り
写真撮影(使用前・後の比較のため)
マウスピース試適
ホームブリーチング開始
二週間後、色のチェック・写真撮影
Bオフィスホワイトニング
(当院で行う)
院内で行い、短時間で白くすることができます。
1回1時間程度の施術です。

オフィスホワイトニングの流れ

ホワイトニングについての説明・写真撮影
オフィスホワイトニング開始
1回1時間の施術をいたします。
色のチェック・写真撮影

ホワイトニングのよくある質問Q&A

「PMTC」と「ホワイトニング」はどう違うのですか?
PMTCは歯のクリーニングで、本来のご自身の歯の色を取り戻します。
ホワイトニングは特殊な薬剤を塗り、光を当てて歯を白く漂白する方法です。
洗濯物で例えると、PMTCはTシャツを洗剤で洗濯して白くするようなもの、ホワイトニングは白いシャツを漂白するようなものとお考えください。
希望した白さになるのでしょうか?
白くなりますが限界もありますので、ご希望の白さをお伝えください。
色見本で確認しながらホワイトニングを進めます。
ホワイトニングの効果はどれくらい持つのですか?
6ヵ月程で若干後戻りをおこす場合があります。
歯のクリーニングとタッチアップを行うと、白さをキープ出来ます。

「予防」は大事なんです