歯と歯ぐきのクリーニング

HOME > 治療メニュー > 歯と歯ぐきのクリーニング

当院では、虫歯や歯周病の予防に、以下の治療を行っています。

PMTC(歯のクリーニング)

PMTC

ご自身ではどうしても磨きづらい箇所や、磨き方の癖等で、磨き残しが残ってしまいます。磨き残した歯垢(しこう)は、しばらくすると歯石化し、歯周病原因菌の住み家となってしまいます。

現在、日本人の虫歯人口は徐々に減りつつあり、逆に増加傾向にあるのが、歯周病です。末期になると歯を支える骨を溶かし、歯がぬけ落ちてしまう、大変怖い病気(感染症)です。

ヘアサロン、エステサロンに通うように、歯の定期検診も継続的に行っていれば、将来的にいつまでも健康な歯を保て、全く歯科に行かずに治療だけする人よりも、かえって治療費は安く済むと言われています。

バイオフィルム

なぜ、自宅での歯ブラシだけではダメなの?

ご自宅での歯磨きだけでは、目に見えないバイオフィルムを除去できないからです。この細菌の塊りであるバイオフィルムが、虫歯や歯周病の原因菌となるので、定期的に歯科医院で機械的に除去する必要があります。機械的な設備がPMTCです。

歯石除去(SRP)

歯石除去
▲歯石を取る様子

歯石は見た目もよくないばかりか、歯を失う原因である歯周病の原因菌の住み家となります。目に見えない歯石もありますので、歯科医師・衛生士に定期的に除去してもらう必要があります。

特殊なスケーラーという器具で、カリカリと丁寧に除去していきます。健康な歯を削ることはありません。歯石が多くこびり付いているお口の方は、歯石を落としたときに出血したりすることがありますが、これは歯石と細菌による歯ぐきの炎症が起こっているためです。炎症のない人はクリーニングをしても出血はしません。

また歯石を落とした後に歯が長くなったと感じる方も多いのですが、これも歯周病の症状により、歯ぐきが下がっていた箇所に、歯石がこびりついていたためです。

歯石を落としたあとは、場合により、歯の表面のエナメル質を滑らかにする施術(ルートプレーニング)も行う場合があります。

歯並びの改善(矯正歯科)

矯正装置
▲歯並びが予防につながる

予防で歯並びが関係するの?と思われるかもしれませんが、予防歯科で軽視されがちなのが、歯並びです。不正な歯並びは、歯ブラシが行き届きにくく、唾液の循環を妨げます。

高齢になって歯を失う方は、歯並びの悪かった方が多いと言われています。当院では、歯並びを改善するための矯正歯科治療を行っています。

咬み合わせの改善

咬む
▲咬み合わせの重要性

歯ぎしりや食いしばり、顎の痛み、天然の歯や補綴物(クラウン、差し歯、詰め物)などの破折など、さまざまなトラブルは、不正な咬み合わせが原因になることもあります。

一部に強い力がかかり、歯ぐきの一部が下がったり、歯がぐらついたりすることもあります。

咬み合わせが悪いと、歯に症状がでるだけでなく、様々な身体の原因不明の症状も起こると考えられています。

咬み合わせについてもお問い合わせください。